コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田純蔵 かめだ じゅんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田純蔵 かめだ-じゅんぞう

?-1834 江戸時代後期の商人。
加賀金沢の人。町年寄や銀座役をつとめる。文化3年金沢藩の命で青木木米(もくべい)を京都からまねいて春日山に陶窯をきずき,春日山焼とよばれる陶器の製造をはじめた。天保(てんぽう)5年9月死去。名は章。号は鶴山,鹿心斎。屋号は宮竹屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀田純蔵の関連キーワード越中屋兵吉亀田鶴山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android