コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日山 かすがやま

10件 の用語解説(春日山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春日山
かすがやま

新潟県南西部,上越市の北部にある山。標高 170m。標高 300m前後の難波丘陵の北東端にある一峰。中世,越後守護職として栄えた上杉氏の本城がおかれた。特に上杉謙信が北陸から関東,出羽へと勢力を拡大したときには,山麓に人口3万余を有する大城下町を形成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

春日山
かすがやま

花山ともいう。奈良市の市街地東部にある山。標高 497m。大和高原の一部が突出したもので,領家帯岩類の縞状片麻岩から成る。奈良公園の一部で,西側にある御蓋山 (三笠山) ともども春日大社の神域として伐採が禁じられてきたため樹木が茂り,約 100haに及ぶ「春日山原始林」は特別天然記念物

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かすが‐やま【春日山】[奈良県]

奈良市東部の山。標高497メートル若草山の南隣に位置し、ふもとに春日大社がある。→春日山原始林

かすが‐やま【春日山】[新潟県]

新潟県上越市にある山。標高160メートル。頂上に春日山城跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

春日山

東京都新宿区、花園万頭が製造・販売する銘菓。カスタードクリーム入りの円形のカステラホワイトチョコとレーズンをのせたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かすがやま【春日山】

奈良市東部にある山。奈良公園の東方にあって〈青垣〉をなす。前山をなすのが御蓋(みかさ)山(293m)で,この山を春日山と呼び(国土地理院地形図),その奥にある花山(498m。時には芳山(ほやま)を含めることもある)を春日奥山として区別したり,あるいはその全体を春日山と呼んだりもする。地質的には,御蓋山はその北方の若草山(三笠山)と同じ安山岩よりなる火山性の山で,花山は縞状片麻岩よりなる。御蓋山の基部は礫(れき)層よりなる台地状地形をなし,春日大社東大寺,奈良公園,興福寺などが載っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かすがやま【春日山】

春日神社背後の山の総称。狭義には、最高峰の花山(海抜497メートル)をさす。古来、神域として斧を入れなかったので原始林におおわれている。⦅歌枕⦆ 「 -いはねの松は君がため千とせのみかはよろづよぞへむ/後拾遺

かすがやま【春日山】

新潟県上越市にある山。上杉謙信の居城、春日山城址がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕春日山(かすがやま)


奈良市東部にある山。春日大社の東にある御蓋(みかさ)山(標高297m)東方の山をいう。広義には御蓋山・花(はな)山(同498m)を含めた総称。春日山・御蓋山は古来、春日大社の神域として狩猟・伐採が禁じられ、貴重な自然が保たれた。暖地性・温帯性の植物が混生する春日山原始林は特別天然記念物、ルーミスシジミ生息地として天然記念物指定。国の史跡の春日山石窟仏(せっくつぶつ)、地獄谷石窟仏、鴬ノ(うぐいす)滝など名所が多い。県立奈良公園に含まれ、奈良奥山ドライブウエーが通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春日山
かすがやま

奈良市街地東部、御蓋山(三笠山)(みかさやま)の東にある山をさす。古くは花山(はなやま)(標高497メートル)を主峰に、南の香山(高山)(こうぜん)、西の御蓋山を含めて春日山といった。現在花山をさすこともあるが、一般に御蓋山の東に接する台地状の部分を春日山といい、東部の花山を芳山(ほやま)とともに春日奥山に含める。春日山、御蓋山は春日大社の神山として狩猟や樹木の伐採が禁じられてきたため、うっそうとした原始林(特別天然記念物)をいまにとどめ、ルーミスシジミ(国の天然記念物)やシカなどの生息地になっている。また国史跡の春日山石窟仏(せっくつぶつ)、地獄谷石窟仏のほか鶯(うぐいす)ノ滝、妙見堂、朝日観音、寝仏、首切地蔵などが点在し、春日奥山・若草山ドライブウェイが通じている。なお、春日山原始林は1998年(平成10)、世界遺産の文化遺産として登録された(古都奈良の文化財として東大寺など8社寺等が一括登録されている)。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の春日山の言及

【御蓋山】より

…標高293m。三笠山,御笠山とも書き,春日山の前山で,この山自体を春日山ともいう。笠を伏せたような山容をしていることからこの名がある。…

※「春日山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

春日山の関連キーワード春日野園地奈良県奈良市東木辻町奈良県奈良市東紀寺町奈良県奈良市東笹鉾町奈良県奈良市東鳴川町奈良県奈良市東之阪町奈良県奈良市東向北町奈良県奈良市東向中町奈良県奈良市東向南町奈良県奈良市脇戸町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春日山の関連情報