コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予備役制度 よびえきせいどreserve system

1件 の用語解説(予備役制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予備役制度
よびえきせいど
reserve system

常備兵役の一種ではあるが,現役を終った者が市民生活を営みつつ有事の召集にそなえるようにした制度。平時の生産を阻害することなく,戦時には一挙に良質の戦闘要員を確保できるという利点があるため,19世紀には国民皆兵制度 (必任義務兵役制度) とともに,次第にこの制度を採用する国が多くなった。日本も 1945年以前は兵役法で,現役義務年限を終った退営者は,陸軍 15年4ヵ月,海軍 12年の予備役に服することが規定されていた。現在の自衛隊にも,退職自衛官のうちから志願制で予備自衛官をつのる制度がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone