コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予備自衛官 よびじえいかん

6件 の用語解説(予備自衛官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予備自衛官
よびじえいかん

普段は別の職業に従事しながら,有事の際に招集され自衛隊第一線部隊出動後の後方支援にあたる自衛官。防衛省の職員定員外で,非常勤の特別職国家公務員として1年以上の勤務経験をもつ元自衛官のなかから志願制により採用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

予備自衛官

有事や大規模災害時に招集され、自衛官として自衛隊の活動の後方支援や基地警備などをする。元自衛官を中心に約3万2千人おり、年5日の訓練がある。2001年の自衛隊法改正で元自衛官でなくても、訓練を受ければ予備自衛官になれる制度が設けられ、陸上自衛隊だけが導入した。訓練を受ける段階で「予備自衛官補」になり、訓練後に予備自衛官となる。

(2016-02-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よび‐じえいかん〔‐ジヱイクワン〕【予備自衛官】

自衛官として1年以上の勤務経験者および予備自衛官補の訓練修了者を対象に、陸上・海上・航空自衛隊が採用する非常勤の自衛官。防衛招集・災害招集などに応じて出頭し、駐屯地の警備など後方地域で任務に就く。昭和29年(1954)に陸上自衛隊が初めて導入し、昭和45年(1970)に海上自衛隊、昭和61年(1986)に航空自衛隊も導入している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よびじえいかん【予備自衛官】

平時においては一般社会人としてそれぞれの職業に従事し,有事には,防衛庁長官による防衛招集によって,自衛隊を急速かつ計画的に増強する目的で招集され,後方警備,後方支援および第一線補充等の要員として任務につく自衛官。防衛招集に応ずる義務と,年2回以内一定期間(一年を通じて20日を超えないこととされており,現在は年1回5日間程度を招集期間としている)訓練に従事する義務を有する非常勤の特別職国家公務員である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よびじえいかん【予備自衛官】

平時は規定の訓練にのみ参加し、必要時に召集され勤務する予備の自衛官。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予備自衛官
よびじえいかん

防衛出動の際に任務につく義務を負う退職自衛官。自衛官の退職者のなかから志願で採用される。任期3年で、再任用も可。士長までは37歳未満、曹・尉クラスは停年年齢に2年加えた年齢未満まで。2003年度(平成15)末で陸4万6000人、海1100人、空800人である。1995年3月からは女性自衛官からも志願で採用されることになった。住所の変更、心身の故障、所在、死亡等の現況を明らかにする各種の届出の義務がある。防衛出動時には防衛招集命令に応じ(命令違反者は3年以下の懲役または禁錮)、自衛官として勤務する。平時には訓練招集に応じ、年20日以内で所定の期間、訓練に従事する。予備自衛官手当(月4000円)と訓練に従事した場合の訓練招集手当(1日につき8100円)が支給される。
 防衛大綱に基づき、即応予備自衛官制度が1997年度(平成9)より陸上自衛隊に導入された。これまでの予備自衛官は定員外の非常勤隊員だったが、即応予備自衛官は陸上自衛隊の定員内のもので、陸上自衛隊の体制は総数16万人(常備14万5000人、即応予備1万5000人)となった。予備自衛官は防衛招集時、後方警備や後方支援等の活動を分担するが、即応予備自衛官は常備自衛官とともに第一線部隊の一員として活動する。そのほか平時においても、治安出動、災害派遣、地震防災派遣時に出動部隊の一員として活動する。平時の訓練招集は年30日以内で所定の期間、訓練に従事する。即応予備自衛官手当(月1万6000円)と訓練に従事した場合の訓練招集手当(階級に応じ日額1万4200円~1万0400円)、さらに勤続報奨金(1任期=3年で12万円)が支給される。一方、即応予備自衛官を雇用している企業には給付金(1人当り年51万2400円)が支給される。なお1997年5月からは、防衛庁設置法(現在は防衛省設置法となっている)の一部改正ですべての予備自衛官は防衛出動命令が発せられることが予想される場合にも、防衛招集されることになった。[林 茂夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予備自衛官の関連キーワード分析法学各層各部社会人流流それぞれの終楽章それぞれの断崖ああっ女神さまっ それぞれの翼選択係数ロシュローブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

予備自衛官の関連情報