予備的動機(読み)よびてきどうき(英語表記)precautionary motive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予備的動機
よびてきどうき
precautionary motive

予期しない支出にそなえて貨幣を需要する動機。 J.M.ケインズが『雇用・利子および貨幣の一般理論』においてあげた流動性 (貨幣) に対する需要 (流動性選好) の動機の一つ。ケインズは人々の貨幣保有の動機として,この予備的動機のほかに日常の消費や営業上の支払いのために貨幣を需要する取引動機,投機的な目的のために貨幣を保有する投機的動機の2つをあげている。 (→流動性選好説 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android