コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予備的動機 よびてきどうきprecautionary motive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予備的動機
よびてきどうき
precautionary motive

予期しない支出にそなえて貨幣を需要する動機。 J.M.ケインズが『雇用・利子および貨幣の一般理論』においてあげた流動性 (貨幣) に対する需要 (流動性選好) の動機の一つ。ケインズは人々の貨幣保有の動機として,この予備的動機のほかに日常の消費や営業上の支払いのために貨幣を需要する取引動機,投機的な目的のために貨幣を保有する投機的動機の2つをあげている。 (→流動性選好説 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

予備的動機の関連キーワード所得動機貯蓄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android