コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投機的動機 とうきてきどうきspeculative motive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投機的動機
とうきてきどうき
speculative motive

日常の取引に使うための取引動機,不確実な支払いに備える予備的動機とならんで,J.M.ケインズが最も重視した貨幣保有の動機の一つ。合理的な投資家は,現時点で債券を購入するよりも,将来のある時点で貨幣を債券に交換する方が有利であるとの判断をしたときに貨幣を保有する。これが投機的動機に基づく貨幣保有である。この貨幣保有は現行の利子率と,将来の利子率に関する期待とで決定される。いわゆる流動性選好説の基礎となる概念である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

投機的動機の関連キーワードクルーグマン所得動機貯蓄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android