コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

争いの木 あらそいのき

1件 の用語解説(争いの木の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あらそいのき【争いの木】

特定の木を望見して,その名を言い争うという伝説。例はさほど多くない。《新編武蔵風土記稿》に,東京田端の白鬚(しらひげ)社の神木は遠くから望むと松のように見え,松だ杉だと言い争うということで〈争いの杉〉と呼ぶと記されている。またこの杉は,源頼朝の奥州征伐の際に畠山重忠が松だといって従臣と争ったともいう。同じ田端の道灌山に同様の伝説がある。むかし,太田道灌が一人の侍と遠くにある木を眺めて,杉だ松だと争った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

争いの木の関連キーワード言ひしろふ諍う組香言葉戦い望見れそ抗う言争い言争う頸木を争う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone