争いの木(読み)あらそいのき

世界大百科事典 第2版の解説

あらそいのき【争いの木】

特定の木を望見して,その名を言い争うという伝説。例はさほど多くない。《新編武蔵風土記稿》に,東京田端の白鬚(しらひげ)社の神木遠くから望むとのように見え,松だだと言い争うということで〈争いの杉〉と呼ぶと記されている。またこの杉は,源頼朝奥州征伐の際に畠山重忠が松だといって従臣と争ったともいう。同じ田端の道灌山に同様の伝説がある。むかし,太田道灌が一人の侍と遠くにある木を眺めて,杉だ松だと争った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android