コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道灌山 ドウカンヤマ

3件 の用語解説(道灌山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どうかん‐やま〔ダウクワン‐〕【道灌山】

東京都荒川区西日暮里付近の高台。太田道灌の館跡という。江戸時代は虫の声を聞く名所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

道灌山

古典落語の演目のひとつ。上方種。「墓見」「狐安兵衛」とも。上方では「天神山」と題する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道灌山
どうかんやま

東京都荒川区西端の西日暮里(にしにっぽり)から北区南東端の田端(たばた)に続く丘陵。上野から赤羽に続く山手(やまのて)台地のいちばん高い所にあり、太田道灌の出城(でじろ)(斥候台(せっこうだい))があったことから地名がおこった。眺望に優れ、また江戸時代から虫聴きの名所として知られ、よく文人が訪れた。浄光(じょうこう)寺、本行(ほんぎょう)寺、青雲寺をそれぞれ雪見寺、月見寺、花見寺とよんだのは、文人の風流好みの一例である。関東大震災後、景観は一変し、現在、一部が西日暮里公園となり、道灌山学園などにその名が残っている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道灌山の関連キーワード蛸坊主魔風狐安兵衛鍬潟尻餠天神山夏の医者墓見棒屋理屈按摩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道灌山の関連情報