コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二〇〇七年問題 ニセンシチネンモンダイ

デジタル大辞泉の解説

にせんしちねん‐もんだい【二〇〇七年問題】

昭和22年(1947)から昭和24年(1949)に生まれた団塊の世代労働者が60歳定年を迎え、平成19年(2007)をピークに一斉に退職することにより発生すると予想された問題の総称。労働力の不足、技術・技能継承の断絶などが懸念されたが、定年延長・継続雇用制度の導入などにより、大きな混乱は生じなかった。
[補説]最長5年の雇用延長期間が満了し、団塊世代が年金受給年齢を迎える平成24年(2012)前後には、再び技術・技能継承の問題、および社会保障費の急増による国・地方自治体の財政悪化などの問題が懸念される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

二〇〇七年問題の関連キーワード昭和

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android