コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二〇〇七年問題 ニセンシチネンモンダイ

1件 の用語解説(二〇〇七年問題の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にせんしちねん‐もんだい【二〇〇七年問題】

昭和22年(1947)から昭和24年(1949)に生まれた団塊の世代の労働者が60歳定年を迎え、平成19年(2007)をピークに一斉に退職することにより発生すると予想された問題の総称。労働力の不足、技術・技能継承の断絶などが懸念されたが、定年延長・継続雇用制度の導入などにより、大きな混乱は生じなかった。
[補説]最長5年の雇用延長期間が満了し、団塊の世代が年金受給年齢を迎える平成24年(2012)前後には、再び技術・技能継承の問題、および社会保障費の急増による国・地方自治体の財政悪化などの問題が懸念される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二〇〇七年問題の関連キーワード五十嵐力高知県立大学墨田竹田宮ベビーブーム安宅弥吉佐藤丈志藤堂良譲長沢英一郎松井元興

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone