コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二位尼 ニイノアマ

百科事典マイペディアの解説

二位尼【にいのあま】

平時子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいのあま【二位尼】

?‐1185(文治1)
平安末期の女性。平時子。平清盛の妻。平時信の女,時忠は弟,妹滋子は後白河上皇の女御。宗盛・知盛・重衡・徳子らを生み,1168年(仁安3)清盛とともに出家,71年女徳子が高倉天皇の中宮になってから従二位に叙せられたので二位尼,二品尼と称される。清盛の死後は一門の後見的立場をしめたが,85年3月,長門国壇ノ浦で平家が滅亡するさい,安徳天皇を抱いて入水した。【田中 文英】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の二位尼の言及

【安徳天皇】より

…【杉橋 隆夫】
[安徳伝説]
 安徳天皇が壇ノ浦の戦ののちも流離し,生存したという伝承の根を探るとすれば,《平家物語》巻十一〈先帝身投〉にまで戻らねばならない。二位尼に抱かれた幼帝安徳は壇ノ浦の海底深く沈んだことになっているが,覚一本系の諸本を見ると,はじめのところでは〈御髪黒うゆらゆらとして御せなか過ぎさせ給へり〉とあり,そのあとには〈山鳩色の御衣にびんづらゆはせ給ひて〉となっていて,明らかに安徳帝の描写に矛盾があり,同一人物とは思えないところから替玉説が浮上してくる。安徳帝は死んだと見せかけて,ひそかに壇ノ浦から脱出して生存したとする説がそれであって,四国を中心に中国,九州,対馬,硫黄島にまで足跡をとどめている。…

※「二位尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二位尼の関連キーワード鳥取県鳥取市国府町新井水天宮(福岡県)壇ノ浦の合戦壇ノ浦の戦い補陀洛山寺平家物語北条政子建礼門院赤間神宮水天宮平信範

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android