コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平時信 たいらの ときのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平時信 たいらの-ときのぶ

?-1149 平安時代後期の官吏。
平知信(とものぶ)の子。有職(ゆうそく)故実をつたえる平高棟流平氏に属する。鳥羽院判官代をつとめ,正五位下,兵部権大輔(ごんのたいふ)にすすむ。平時忠,平時子,建春門院の父。久安5年7月26日死去。外孫の高倉天皇の即位で正一位,左大臣が追贈された。日記に「時信記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平時信

没年:久安5.8.26(1149.9.29)
生年:生年不詳
平安後期の貴族。出羽守平知信の子。大治5(1130)年昇殿を許される。鳥羽院判官代。極位極官は,正五位下・兵部権大輔。権大納言平時忠,平清盛妻時子,後白河天皇女御建春門院滋子の父。桓武平氏高棟王の子孫で,有職故実を伝承するいわゆる「日記の家」(『今鏡』)に属し,日記『時信記』を遺している。自身は官職昇進の面で目ざましいものがなかったが,院近習として蓄えた政治的実力と,平清盛一族との結びつきにより,子の代に急速に朝廷内での地位を向上させている。仁安3(1168)年,外孫高倉天皇即位に伴い,正一位左大臣を追贈される。

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の平時信の言及

【平清盛】より

…また高倉天皇自体,清盛の妻平時子の妹滋子(じし)(建春門院)が後白河院のもとに入って1161年(応保1)に生んだ天皇であった。この時子・滋子姉妹は桓武平氏高棟(たかむね)王系の平時信の子で,堂上公家平家の出であり,また桓武平氏の本宗の流れをくむ家柄である。〈平氏〉としてはこの高棟王系のほうが嫡流で,清盛のような高望(たかもち)王系の武家平家は傍流にすぎなかった。…

※「平時信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平時信の関連キーワード平氏(へいし)建礼門院平清宗平徳子平滋子二位尼能円

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android