コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平時子 タイラノトキコ

6件 の用語解説(平時子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいら‐の‐ときこ〔たひら‐〕【平時子】

[?~1185]平清盛の妻。重盛宗盛知盛重衡徳子の母。三后に准ぜられ、清盛没後、剃髪して二位の尼と称された。壇ノ浦の戦い安徳天皇を抱いて入水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平時子【たいらのときこ】

平清盛の妻。兵部権大輔(ひょうぶごんのだゆう)平時信の娘。清盛との間に宗盛,徳子(とくこ)らを生む。清盛とともに剃髪(ていはつ),二位尼(にいのあま)と称せられた。
→関連項目兵範記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平時子 たいらの-ときこ

1126-1185 平安時代後期,平清盛の妻。
大治(だいじ)元年生まれ。平時信の娘。宗盛,知盛,重衡,徳子(建礼門院)の母。出家後,従二位をおくられて二位尼とよばれた。平氏一門とともに都落ちし,元暦2年3月24日壇ノ浦の戦いで,安徳天皇をだいて海に身をなげた。60歳。
【格言など】浪のしたにも都のさぶらうぞ(「平家物語」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平時子

没年:文治1.3.24(1185.4.25)
生年:大治1(1126)
平安時代末期の女性。平時信の娘,平清盛の妻。母は太皇太后令子内親王の半物(召使)。平時忠は同母弟。平親宗,建春門院滋子らは異母弟妹。清盛に嫁し,久安3(1147)年に宗盛を,続いて知盛,重衡,徳子(建礼門院)らを出産。永暦1(1160)年従三位,翌応保1(1161)年には妹滋子が後白河上皇との間に生んだ憲仁親王(高倉天皇)の乳母となる。仁安3(1168)年2月,夫清盛が病を得て出家した際に共に出家。承安1(1171)年娘徳子が高倉天皇に入内したため従二位に叙せられ,二位尼と呼ばれる。治承2(1178)年徳子が皇子(安徳天皇)を出産し,翌年平家嫡流重盛が早世したこともあって宗盛をはじめとする時子所生の子らが平家一門の主流となる。治承4(1180)年安徳天皇が即位するにおよび,天皇の外祖母となる。養和1(1181)年清盛が没し,宗盛が家督を継いでからは一門の後見的立場にあったようである。文治1(1185)年,壇の浦で平家一門が滅亡したときは,敗戦を知るや率先して入水して果てた。『吾妻鏡』では宝剣を持ってとし,『平家物語』『愚管抄』では神璽,宝剣,安徳天皇を抱いて入水したとしており,真実は不明だが,平家一門の精神的支柱であり,象徴的な存在であったことが窺える。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいらのときこ【平時子】

?~1185) 平清盛の妻。平時忠の妹。二位尼にいのあまとも。宗盛・知盛・重衡・徳子の生母。壇浦で安徳天皇を抱いて入水した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平時子
たいらのときこ
(?―1185)

平安末期の女性。平清盛(きよもり)の妻。兵部権大輔(ひょうぶごんだいすけ)平時信(ときのぶ)の女(むすめ)。兄は清盛の側近の権大納言時忠(ごんのだいなごんときただ)、妹滋子(しげこ)は後白河(ごしらかわ)上皇の女御(にょうご)。清盛との間に、宗盛(むねもり)、知盛(とももり)、重衡(しげひら)、徳子(とくこ)らをもうけ、1168年(仁安3)清盛とともに出家し、71年女(むすめ)徳子が高倉(たかくら)天皇の中宮(ちゅうぐう)になってから従(じゅ)二位に叙せられたので「二位尼(にいのあま)」と称された。80年(治承4)三后(さんごう)に准ぜられ、翌年清盛が死ぬと平家一門の後見的立場を占めたが、文治(ぶんじ)元年3月24日、長門(ながと)国(山口県)壇(だん)ノ浦(うら)の戦いで平家が滅亡した際、安徳(あんとく)天皇を抱いて入水(じゅすい)した。[田中文英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平時子の言及

【平清盛】より

…安徳天皇の即位(1180)により,清盛は天皇の外祖父の地位を得ることとなる。また高倉天皇自体,清盛の妻平時子の妹滋子(じし)(建春門院)が後白河院のもとに入って1161年(応保1)に生んだ天皇であった。この時子・滋子姉妹は桓武平氏高棟(たかむね)王系の平時信の子で,堂上公家平家の出であり,また桓武平氏の本宗の流れをくむ家柄である。…

【二位尼】より

…平安末期の女性。平時子。平清盛の妻。…

※「平時子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平時子の関連キーワード二位尼菊王丸常明平清邦平清房平清宗平時信藤原景綱藤原信隆妻廊御方(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone