コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二刀流 ニトウリュウ

デジタル大辞泉の解説

にとう‐りゅう〔ニタウリウ〕【二刀流】

両手に1本ずつの刀を持って戦う剣術の流派。宮本武蔵の創始した二天一流二天流)などが有名。
酒も甘いものも両方好きなこと。また、その人。両刀づかい。
二つの物事を同時にうまく行えること。また、その人。両刀づかい。「投手と打者の二刀流をこなす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にとうりゅう【二刀流】

剣術で、左右の手に一本ずつの刀を握って戦う刀法。宮本武蔵の二天一流が有名。
酒も飲むし、甘い物も食べること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二刀流
にとうりゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二刀流の関連キーワードディオン サンダース宮本武蔵(剣術家)青木城右衛門姫carat奥村 寅吉奈良富士子大林 梅子森繁 久弥伊藤 大輔大谷翔平森繁久弥森繁久彌内田吐夢伊藤大輔土肥秋窓新免弁助二刀遣い両刀遣い住吉晃典寺沢半兵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二刀流の関連情報