コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二半/二判 ニハン

デジタル大辞泉の解説

に‐はん【二半/二判】

[名・形動]《2と3との中間の意から》
どっちつかずであること。また、そのさま。
「見るのもいや、どけてしまってもすまない、―な心持で」〈宮本伸子
江戸時代、御目見(おめみえ)以下譜代の下位の格の人。二半場。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

二半/二判の関連キーワードインターナショナル(政治)国際社会主義党行動同盟インターナショナルコミンテルン統一戦線社会主義江戸時代メシアン発荷峠茶坊主御目見御家人音階六尺日真心持茶杓坊主

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android