伸子(読み)のぶこ

日本大百科全書(ニッポニカ)「伸子」の解説

伸子
のぶこ

宮本百合子(ゆりこ)の長編小説。1924年(大正13)3月から26年9月まで『改造』に断続連載。28年(昭和3)3月改造社刊。作者の実生活に忠実な私小説。伸子はアメリカ留学中、苦しい生活をしてきた暗い印象の(つくだ)と、親の反対を押し切って結婚する。これまでの生活の殻を破り、本当の生活を実現しようとする意欲の現れだった。しかし、佃は、ようやく獲得した中流的生活に安住し、伸子を失望させる。本当の生活を求める努力はことごとく失敗し、愛憎の泥沼にあえぐ伸子は、悪戦苦闘のすえ、ついに離婚に踏み切る。親の家からもの家からも脱出して、自分の力で新しい生活を切り開こうとする若い女性の真剣な姿は、多くの女性の共感を得た。

[伊豆利彦]

『『伸子』(新潮文庫・新日本文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伸子」の解説

伸子
のぶこ

宮本百合子の長編小説。 1924~26年発表。者の初めての恋愛から結婚を経て離婚までの推移を描いた自伝的作品。中流家庭の閉鎖的環境からの脱出をはかって結婚したつもりの伸子が,夫に屈従するだけの生活から自立するために離婚し,自分の道を踏みだしてゆく決意を描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「伸子」の解説

のぶこ【伸子】

宮本百合子の長編小説。大正13年(1924)から大正15年(1926)にかけて「改造に発表。自身のアメリカへの留学体験に基づく作品で、日本のフェミニズム文学史の観点からも重要な作品とされる。

しんし【伸子/×籡】

洗い張り染色のとき、織りの狭まるのを防ぎ一定の幅を保たせるようにを延ばすための道具両端がついた竹製の細い棒で、これを布の両端にかけ渡して用いる。しいし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「伸子」の解説

のぶこ【伸子】

長編小説。宮本百合子作。大正一三~一五年(一九二四‐二六)発表。第一次世界大戦前後のアメリカと日本を舞台に、新進作家佐々伸子の恋愛、結婚、離婚に至るまでの生活を描いた自伝的小説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「伸子」の解説

のぶこ【伸子】

宮本百合子の自伝的長編小説。1924‐26年《改造》に分載,大幅に加筆し28年刊。作者は1918年に19歳でアメリカへ留学,その地で日本人の中年の古代イラン語学者と結婚。帰国後をもふくめて4年にわたる苦渋にみちた結婚生活をようやく解消した時点で,それまでの全経過を自己に即して描いた作。人生に疲れた男へのロマンティックな愛は,結婚にふみ切ることで女として人間としてさらに成長したいと願っていた若い作者にとってはおよそ意外な,男の現実露呈として報いられ,しかも夫がしがみつく日本的な古い〈家〉と男女とのしきたりの重さにも直面させられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android