コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二本松氏 にほんまつうじ

世界大百科事典 第2版の解説

にほんまつうじ【二本松氏】

のちに室町幕府の管領家となった畠山氏の一族。陸奥国の国人領主。奥州管領家。南北朝動乱中の1345年(興国6∥貞和1),畠山国氏・吉良貞家両名が幕府より奥州管領に任命され,翌年,多賀国府(現,宮城県多賀城市)に着任。観応の擾乱(じようらん)のさい,国氏は父高国とともに貞家と争って自決させられるが,国氏の子国詮はのがれて,一時管領職を復す。その後加美郡,黒川郡など遠隔地の所領を失い,子孫が安達郡二本松(現,福島県二本松市)を根拠として,二本松氏を称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二本松氏の関連キーワード二本松城伊達政宗観応

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android