コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二本松氏 にほんまつうじ

1件 の用語解説(二本松氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんまつうじ【二本松氏】

のちに室町幕府の管領家となった畠山氏の一族。陸奥国の国人領主。奥州管領家。南北朝動乱中の1345年(興国6∥貞和1),畠山国氏吉良貞家両名が幕府より奥州管領に任命され,翌年,多賀国府(現,宮城県多賀城市)に着任。観応の擾乱(じようらん)のさい,国氏は父高国とともに貞家と争って自決させられるが,国氏の子国詮はのがれて,一時管領職を復す。その後加美郡,黒川郡など遠隔地の所領を失い,子孫が安達郡二本松(現,福島県二本松市)を根拠として,二本松氏を称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二本松氏の関連キーワード管領倉役三管領斯波地奉行頭人畠山細川越智家栄畠山高国

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone