コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次性高血圧症 にじせいこうけつあつしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次性高血圧症
にじせいこうけつあつしょう

高血圧症のうち,血圧を上げる原因となる病気がはっきりしているものをいう。原因として最も多いのは腎臓の病気で,この場合は腎性高血圧とも呼ぶ。急性ないし慢性糸球体腎炎,慢性腎盂腎 (じんうじん) 炎,多発性のう胞腎,その他ほとんどあらゆる種類の腎臓病が高血圧の原因になる。ことに腎臓の障害が進み人工透析 (人工腎臓など) や腎移植を必要とする状況になると 80%以上は高血圧を合併している。次に多いのは副腎の病気で,各種のホルモンが副腎で過剰に生産・分泌されるときに起こる。原発性アルドステロン症クッシング症候群褐色細胞腫がその代表例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

二次性高血圧症の関連キーワード高血圧症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android