コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性糸球体腎炎 マンセイシキュウタイジンエン

世界大百科事典内の慢性糸球体腎炎の言及

【腎炎】より

…これが現在の腎臓病学の基礎となったが,その後の研究によってフォルハルトらの分類には矛盾や欠陥があることが明らかになり,さらに各種の分類が試みられている。現在,単に腎炎というときには急性または慢性の糸球体腎炎glomerulonephritisをさすが,とくに慢性糸球体腎炎についての分類は,いまだ十分確立されたものではなく,今後病因が明らかにされるにつれて再編成されることも考えられている。
[急性糸球体腎炎]
 単に急性腎炎ともいう。…

※「慢性糸球体腎炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慢性糸球体腎炎の関連キーワード子どもに多い自己免疫疾患と対策無症候性たんぱく尿/血尿症候群慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)腎炎症候群と糸球体腎炎高尿酸血症/痛風若年性高血圧症二次性高血圧症無症候性血尿小児腎疾患血液透析慢性腎炎腎移植

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android