コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工透析 じんこうとうせき artificial dialysis

9件 の用語解説(人工透析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工透析
じんこうとうせき
artificial dialysis

腎臓の機能を代行する治療法で,血液透析腹膜透析とがある。腹膜透析は,腎臓の代りに腹膜を利用して血液を透析する方法で,腹腔内に大量の滅菌溶液を注入し,一定時間後に排液することを繰返す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人工透析

腎臓の機能が低下した患者の血液から人工的に老廃物を除き、水分や溶け込んだ物質の量を調節する治療烹血液を外に取り出し、特殊な膜を隔てて透析液と接触させることで余分な物質を移動させる。1回の透析に必要な透析液を作るためには、浴槽いっぱいほどのきれいな水が必要。

(2010-06-18 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐とうせき【人工透析】

透析療法(とうせきりょうほう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人工透析【じんこうとうせき】

腎臓の機能が低下して,尿毒症を起こす危険がある時,腎臓に代わって血液の組成を正常化する方法。人工腎臓を用いる血液透析,本人の腹膜を使用する腹膜透析,血漿のうち不要なものを除去して必要なものを加える血漿交換療法,血液中の不要なものを吸着筒を用いて排除する方法がある。
→関連項目血液透析腎移植腹膜透析

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

人工透析

 腎不全の際,老廃物が血漿中に蓄積するので,それを人工的に透析で除去する治療法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

じんこうとうせき【人工透析】

◎人工透析とは
◎血液透析
◎腹膜透析(腹膜灌流)
◎血漿(けっしょう)交換法
◎血液吸着(けつえききゅうちゃく)(吸着筒法(きゅうちゃくとうほう))
◎長期人工透析の合併症

◎人工透析(じんこうとうせき)とは
 腎臓(じんぞう)のもっとも大事なはたらきは、からだの中の老廃物や不要な水分を除去して血液をきれいにし、からだの状態を一定に保つことです。
 かつて腎臓の病気は、直接死にいたる病でした。腎臓のはたらきが極端に落ちたとき、血液をきれいにして、なんとか命を救うことができないかということから、人工透析が考案されました。
 実際この人工透析が初めて大きな威力を発揮したのは、50年以上前の朝鮮戦争のときで、戦傷による急性腎不全(じんふぜん)の治療に用いられました。
 日本で一般に広く透析が普及し、必要な患者さんが誰でもその恩恵に浴することができるようになったのは昭和50年代です。
 現在は、約15万人の患者さんが維持透析を受けています。そして、その数は年々増加しています。日本の透析は、その数、医療技術、福祉体制の面において世界の最先端にあります。
 老廃物などを除去して血液をきれいにするには、おもに透析膜(とうせきまく)を利用します。透析膜としてもっとも普及しているのが、血液を体外に取り出し、線維膜(せんいまく)により透析する方法(血液透析(けつえきとうせき))です。また、透析膜として患者さん自身の腹膜(ふくまく)を利用する方法もあります(腹膜透析(ふくまくとうせき))。この透析によって血液をきれいにするほかに、汚れた血漿(けっしょう)を除去して取り替える方法(血漿交換)、有害成分を吸い取る方法(吸着)など、さまざまな方法があります。
 以上述べてきたように、血液をきれいにするいろいろな方法が開発され、応用されています。これらの方法は血液浄化療法(けつえきじょうかりょうほう)と総称されています。原理は、患者さんの血液を体外に取り出し、膜分離あるいは遠心分離により、血液中の有害物質を取り除き、きれいにした血液を患者さんにもどすのです。血液を体外に取り出し、またもとへもどすことを体外循環(たいがいじゅんかん)といいます。日本では膜分離が中心ですが、欧米諸国では遠心分離が主です。
 血液中のどのような有害物質を除去するかによって(除去する物質の大きさによって)、どの血液浄化療法を選ぶかが決まります。表「血液浄化療法」に血液浄化療法の種類と、それぞれの対象とする病気をまとめました。このなかで、腎不全の治療としてもっとも広く行なわれているのが血液透析です。

◎血液透析(とうせき)
●透析のしかた
 利(き)き腕でないほうの手首(多くは左手首)の動脈と静脈をつなぎ、腕の静脈を動脈化します。そうすると静脈は太くなり、透析に十分な血液が流れます。太くなって動脈化した静脈(内(ない)シャント)に針を刺し、体外循環した血液を線維膜(せんいまく)(ダイアライザー)に通し、もう1本刺した針から血液を体内にもどします。ふつうは、脱血(だっけつ)(体外へ血液を導き出す)と返血(へんけつ)(体内へ血液を送り返す)の2本の針刺しが必要ですが、1本の針で脱血と返血を行なうこともできます(シングルニードル)。図「血液透析のしくみ」に血液透析の模式図を示します。
 ダイアライザーには体外循環した血液のほかに、灌流(かんりゅう)(透析)液が流れています。この灌流液と血液のそれぞれの性状のちがいを利用して、血液をきれいにします。すなわち、血液と灌流液の間(ダイアライザーの小さな孔(あな)を通して)で、拡散(かくさん)、浸透(しんとう)、限外濾過(げんがいろか)の原理により、老廃物である尿素窒素(にょうそちっそ)、クレアチニン、不必要な水などが除去され、血液の電解質は正常化されます。
 拡散とは、物質が分子運動によって全体に広がっていく性質をいいます。血液の尿素窒素、クレアチニンは分子量が小さいので、拡散により線維膜の孔を通って、透析液のほうへ除去されていきます。分子量の大きい血中成分(赤血球(せっけっきゅう)、白血球(はっけっきゅう)、たんぱくなど)は、ダイアライザーの小さな孔を通過することができないため、除去されません。また、透析液側の圧は血液側の圧より高いので(浸透圧差)、血液側の水分、電解質は圧の高い透析液側のほうへ流れ込んでいきます。これを浸透といいます。透析液側をモーターで吸引して陰圧をかけ、血液側から水分を除去することを限外濾過といいます。血液透析には大量の透析液が必要です。
●透析の時間と回数
 慢性腎不全の患者さんは、この血液透析を専門施設で1回4~5時間、週2~3回続けていきます。日中仕事を持っている人は、夜間透析することもできます。日本ではあまり普及していませんが、家庭での透析も可能です。透析中は本を読んだりテレビを見ることができます。
●日常生活の注意
 透析を行なっていても、健康な人とほとんど同じような生活ができます。しかし、透析を長く維持していくためには、食事における水分、塩分、たんぱく質の制限が必要なことはいうまでもありません。食事の具体的制限については、透析施設の医師の指示にしたがってください。
 旅行については、旅行先の透析施設とあらかじめ連絡をとることによって、長期旅行も可能となります。
 維持透析を受けている患者さんは、理想体重というのが設定されます。それぞれの患者さんのからだにとって医学的にもっとも適切な体重値です。透析直後、その理想体重になるように除水します。水分を多くとりすぎると、理想体重をかなりオーバーすることになり、浮腫(ふしゅ)(むくみ)が現われ、肺水腫(はいすいしゅ)となり非常に危険です。ふつう透析前の体重は、理想体重より1~2kg増加している状態です。
 内シャントが作製されている腕では、皮膚表面の静脈が動脈化されているので、けがなどしないように十分注意しましょう。内シャントは、透析するためにはなくてはならないものですから、大事にしなければなりません。

◎腹膜透析(ふくまくとうせき)(腹膜灌流(ふくまくかんりゅう))
●透析のしかた
 腹膜をダイアライザーにして透析を行なう方法です(図「腹膜透析(腹膜灌流)のしくみ」)。おとなの腹膜を広げると2m2ほどの広さになります。腹腔内(ふくくうない)へ透析液を入れると、血液から余分な水、尿素窒素、クレアチニンなどが透析液のほうへにじみ出てきます。そして汚れた透析液をサイホンの原理で体外へ出します。このことをくり返すことによって、血液をきれいにします。
 腹膜透析は血液透析と異なり、高価な透析装置は必要なく、患者さんの循環系への負担も少ない点がすぐれていますが、くり返し行なわなければならず、時間がかかる(効率が悪い)、腹膜炎(ふくまくえん)をおこしやすい、腸管の癒着が生じやすい、たんぱくも透析液へ出てくるなどの欠点があります。
●CAPD(持続性携帯腹膜透析(じぞくせいけいたいふくまくとうせき))
 最近、腹膜透析を改良したCAPD(持続性携帯腹膜透析)という方法が普及してきています。この方法は、腹腔内へカテーテルを半永久的に留置して、おとなで透析液2ℓを約6時間おなかの中にためて、排液します。これを1日4回くり返すわけです。透析液の入った袋をカテーテルにつないでおなかの中へ注入して、空になった袋を6時間からだに巻きつけておいて、その袋の中に排液するわけです。排液された袋を捨てて、新しい透析液の入った袋とかえます。
 CAPDは、はたらいているときや睡眠中でも透析できるわけですから、患者さんにとっては、これが使用できる状態であれば、たいへんよい方法です。

◎血漿交換法(けっしょうこうかんほう)
 血液は、細胞成分としての赤血球、白血球、血小板と、それ以外の部分の血漿に分類できます。
 血漿交換は、体外循環した血液から病的な血漿を分離・除去して、除去した血漿のかわりに、たんぱくをまじえた液(置換液)によって置き換える方法です。
 肝不全、免疫異常などの病気で、悪影響をおよぼしている血漿を取り除くために行なわれます。

◎血液吸着(けつえききゅうちゃく)(吸着筒法(きゅうちゃくとうほう))
 体外循環した血液を吸着物質(活性炭)で充填(じゅうてん)したカラム(筒状の容器)に通すことによって、クレアチニン、尿素窒素、有害物質を除去する方法です。腎不全、薬物中毒、肝不全などで、この血液吸着が行なわれます。

◎長期人工透析(じんこうとうせき)の合併症
 長期透析のおもな合併症として腎性貧血、高血圧、腎性骨異栄養症(じんせいこついえいようしょう)(透析性骨症(とうせきせいこつしょう))、透析アミロイドーシスをあげることができます。
 腎性貧血についての詳しい解説は、コラム「腎性貧血」を参照してください。腎不全患者さんでは貧血の原因として、消化管出血、出血傾向、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)などもありますから注意が必要です。
 高血圧は、理想体重をオーバーしているために生ずることが多いので、注意が必要で、生活の節制が重要です。降圧薬も必要に応じて投与されます。
 腎性骨異栄養症は、長期透析における骨の合併症の総称で、非常に大きな問題です。代表的なのは、腎臓でつくられる活性型ビタミンDの欠乏と二次性副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)が背景となる骨軟化症(こつなんかしょう)と線維性骨炎(せんいせいこつえん)です。幸い現在では活性型ビタミンDは、薬として投与することができます。副甲状腺は骨に関係する重要なホルモンをつくっていますが、長期透析では副甲状腺のはたらきが亢進してきます。関節痛、皮膚のかゆみ、骨変化、異所性石灰化などが現われてきます。進行した二次性副甲状腺機能亢進症では、大きくなった副甲状腺を切除します。
 長期透析では、透析液や内服剤に含まれているアルミニウムが蓄積し、全身骨痛、骨折、全身けいれんなどが生じます(アルミニウム骨症(こつしょう))。こうした場合には、アルミニウムを除去する薬剤のデスフェラールの投与、透析液の水処理、アルミニウム含有製剤の投与禁止などが行なわれます。
 透析アミロイドーシスは、おもに腎臓からもともと排泄(はいせつ)される分子量の小さいたんぱくであるβ2ミクログロブリンの蓄積によって生じます。とくに腱(けん)、神経周囲、関節、椎間板(ついかんばん)に蓄積されていろいろな症状をおこします。手の関節、腱などへの蓄積による病変を手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)(「手根管症候群」)といい、手指のしびれ、筋力低下、筋萎縮(きんいしゅく)、ばね指などがみられます。これを防ぐには、透析中できるだけβ2ミクログロブリンを除去するようにすることがたいせつです。症状が強いときには、手術を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

じんこうとうせき【人工透析】

透析療法dialysisの一つ。腎不全のために,腎臓のもつ老廃物排出機能が著しく障害されたときに,透析器dialyzer(一般には人工腎臓という)を用いて,血液を透析,ろ(濾)過する方法をいう。血液透析hemodialysisともいう。1910年代から試験的に行われていたが,本格的に行われるようになったのは50年代以降である。
[透析の原理]
 半透膜のもつ物質の選択的透過性を利用して,血液中に蓄積された老廃物をろ過するもので,半透膜を透過する物質は膜の両側の濃度差によって,濃い側から薄い側へ移動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんこうとうせき【人工透析】

腎不全の治療法の一。腎臓の機能を代行する装置を用い、血液を体外に導いて老廃物を除き必要な電解質などを補給して体内に戻す。薬物中毒や高度の浮腫などにも適用される。血液透析。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工透析
じんこうとうせき
artificial dialysis

(じん)(臓)が十分にその機能を営まなくなったときに、透析膜の物理化学的性状を利用して、その機能を人工的に代用させる治療法をいう。本来、腎は三つの機能を有する。第一に過剰の水とタンパク質代謝の窒素含有性老廃物(尿素、クレアチニン、尿酸)を分泌すること、第二に血漿(けっしょう)の酸・塩基平衡と電解質濃度を調節すること、第三に内分泌機能を営むことである。人工透析では第三の機能については代用できない。
 溶質には分子の大きさによって晶質と膠質(こうしつ)との2種類がある。晶質は小さな分子で、たいていの半透膜を透過する。無機塩、アミノ酸、糖、その他の小分子の有機化合物が含まれる。一方、大部分のタンパク質と多糖類は膠質とよばれ、たいていの自然膜を透過しない。透析膜というのは、晶質は通過させるが膠質を通過させない膜のことである。
 人工透析には二つの方法がある。第一は患者自身の透析膜を利用する方法で、腹膜がこの目的にもっとも適しており、腹膜透析または腹膜灌流(かんりゅう)という。第二は患者の血液から老廃物と毒素とを取り除くように構成された溶液中に人工の透析膜(PEPA膜など)でつくった管を浸し、この管の中に患者の血液の一部を循環させる方法で、血液透析とよび、この目的のために用いられる器械のことを人工腎臓という。[中村 宏]
『前田憲志編著『人工透析・CAPD』(1995・永井書店) ▽大平整爾著『透析療法の基本と実際』第2版(2001・中外医学社) ▽佐中孜・秋葉隆編著『透析療法――専門医にきく最新の治療』第2版(2003・中外医学社) ▽澤西謙次監修、齊藤昇他編著『透析患者と食事管理』第2版(2006・第一出版) ▽秋澤忠男編『やさしい透析患者の自己管理』改訂第3版(2007・医薬ジャーナル社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工透析の関連キーワード血液透析人工腎臓腹膜透析ダイアライザー透析療法維持透析血液透析濾過法血液濾過透析法腹腔透析在宅血液透析の費用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工透析の関連情報