コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次電子放出 にじでんしほうしゅつ secondary electron emission

1件 の用語解説(二次電子放出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次電子放出
にじでんしほうしゅつ
secondary electron emission

電子を金属またはその酸化物,ハロゲン化物などに衝突させたとき,電子自体の反射のほかに,その固体表面から別の電子 (二次電子) が放出される現象。このためには,初めの電子 (一次電子) がある値以上のエネルギーをもっていなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二次電子放出の言及

【電子放出】より

…しかし外部からの何らかの刺激により,物質内の電子がエネルギーを得て真空準位より高いエネルギーをもつようになると,その電子は真空中に放出される。電子がエネルギーを得て真空中に放出される原因は種々あり,それによって,熱電子放出,二次電子放出,電界放出,エキソ電子放出,光電子放出などと呼ばれる。
[熱電子放出]
 固体が熱せられると,固体を形成している原子の振動が激しくなり,電子は原子振動からエネルギーを得て固体外に飛び出すようになる。…

※「二次電子放出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二次電子放出の関連キーワード亜酸化物塩基性酸化物酸性酸化物ハロゲン化物ハロゲン化銀ハロアルカンハロゲン化物消火器ハロゲン化物消火設備ポリハロゲン化物ポリハロゲン化物イオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone