コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子放出 でんしほうしゅつelectron emission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子放出
でんしほうしゅつ
electron emission

物体から電子が出ていく現象を総称する用語。金属や半導体の中の自由電子は普通は外に出られないが,エネルギーを与えると外部に離脱できる。これを電子放出といい,それに必要な最小エネルギーを仕事関数という。与えるエネルギーの種類により,それぞれ熱電子放出光電子放出,電界放射,電子またはイオンの衝撃による二次電子放出などがある。これらの現象は熱電子管光電管光電子増倍管光電子分光法など,直接的または間接的にエレクトロニクスにおいて利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんしほうしゅつ【電子放出 electron emission】

物質,とくに固体中の電子が真空中に放出される現象。物質内の電子がもつエネルギーは,真空中で静止している電子がもつエネルギー(真空準位のエネルギー)より小さいので,通常,電子は物質中に束縛されており,真空中に飛び出すことはない。しかし外部からの何らかの刺激により,物質内の電子がエネルギーを得て真空準位より高いエネルギーをもつようになると,その電子は真空中に放出される。電子がエネルギーを得て真空中に放出される原因は種々あり,それによって,熱電子放出,二次電子放出,電界放出,エキソ電子放出,光電子放出などと呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

電子放出の関連キーワードリチャードソン(Sir Owen Willans Richardson)リチャードソン‐ダッシュマンの式ファウラー‐デュブリッジの理論タングステンフィラメントO.W. リチャードソンホィッディントンの法則表面電界ディスプレーシェンストーン効果リチャードソン効果ショットキー効果ファンケル効果リチャードソン二次電子増倍管ハルバックスショット雑音赤外線検出器フリッカ雑音マルター効果外部光電効果エジソン効果