コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子放出 でんしほうしゅつ electron emission

2件 の用語解説(電子放出の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子放出
でんしほうしゅつ
electron emission

物体から電子が出ていく現象を総称する用語。金属や半導体の中の自由電子は普通は外に出られないが,エネルギーを与えると外部に離脱できる。これを電子放出といい,それに必要な最小エネルギーを仕事関数という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんしほうしゅつ【電子放出 electron emission】

物質,とくに固体中の電子が真空中に放出される現象。物質内の電子がもつエネルギーは,真空中で静止している電子がもつエネルギー(真空準位のエネルギー)より小さいので,通常,電子は物質中に束縛されており,真空中に飛び出すことはない。しかし外部からの何らかの刺激により,物質内の電子がエネルギーを得て真空準位より高いエネルギーをもつようになると,その電子は真空中に放出される。電子がエネルギーを得て真空中に放出される原因は種々あり,それによって,熱電子放出二次電子放出電界放出エキソ電子放出光電子放出などと呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電子放出の関連キーワードSED光電効果自由電子真空蒸発電界放出電子親和力表面電界ディスプレー蛍光X線光電子放出陽電子放出核種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子放出の関連情報