二瘤駱駝(読み)ふたこぶらくだ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふたこぶ‐らくだ【二瘤駱駝】

〘名〙 ラクダ科の哺乳類。体高一九〇~二三〇センチメートル。背中に二つの瘤(こぶ)がある。古く中央アジアで家畜化された大形の草食獣で、モンゴル、中国のアルタイ山脈、ゴビ砂漠に野生種がすむ。双峰駝(そうほうだ)
※春景色(1930)〈川端康成〉四「二瘤(フタコブ)駱駝の瘤の間に跨がらうか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる