コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重就労

1件 の用語解説(二重就労の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

二重就労

・ある企業に就労(雇用)されていながら、他の職場で就労すること。時短や週休2日制ネットの発展、就労形態の多様化等により、副業として正規の就労以外の労働を行うケースが増加している。嘗ての日本企業では、基本的に二重就労を禁じている場合が多かったが、企業としても、短時間勤務に限定する社員の増加などにより、その規制を緩めていく傾向にある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重就労の関連キーワード遺憾ながら居乍ら其ながら余所乍ら隠れ失業者エンプロイメンタビリティ障害者の法定雇用率雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金を含む)ムーン・ライターリテイナーフィー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone