二重就労

人材マネジメント用語集の解説

・ある企業就労(雇用)されていながら、他の職場で就労すること。時短週休2日制、ネットの発展、就労形態の多様化等により、副業として正規の就労以外の労働を行うケース増加している。嘗ての日本企業では、基本的に二重就労を禁じている場合が多かったが、企業としても、短時間勤務に限定する社員の増加などにより、その規制を緩めていく傾向にある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android