コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重通貨建(て)債 ニジュウツウカダテサイ

デジタル大辞泉の解説

にじゅうつうかだて‐さい〔ニヂユウツウクワだて‐〕【二重通貨建(て)債】

払い込み、利息、償還を異なる通貨で行う債券のこと。購入代金の払い込みと利息が円建てで、償還がドルなどの外貨建てのものをデュアルカレンシー債、払い込みと償還が円で、利息が外貨のものをリバースデュアルカレンシー債ともいう。1982年ユーロ市場に登場した債券。1985年、円の国際化をねらってユーロ円で導入。複数通貨建て債。→外貨債円建て債

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

二重通貨建(て)債の関連キーワードデュアル・カレンシー債

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android