二階堂ふみ(読み)にかいどうふみ

知恵蔵の解説

二階堂ふみ

1994年9月21日生まれ、沖縄県那覇市出身のファッションモデル、女優。
ヒロインを演じた「ヒミズ」(2012年春公開予定、園子温監督)が、11年の第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演を務めた染谷将太とともに「マルチェロ・マストロヤンニ賞」(最優秀新人俳優賞)を受賞した。同賞のダブル受賞は日本人初となる快挙。
12歳で沖縄のフリーペーパー「沖縄美少女図鑑」に写真が掲載されたのをきっかけにスカウトされ、07年から日本テレビ系ドラマ「受験の神様」に出演、ローティーン向けファッション誌「nicola」の専属モデルを務めるなど芸能活動を始める。映画デビューは09年、役所広司の初監督作「ガマの油」のヒロイン役。11年4月公開の「ロックンロールは鳴り止まないっ 劇場版神聖かまってちゃん」(入江悠監督)で、初主演を果たす。その他の出演作に「キミに歌ったラブソング(DOR@MO)」(08年、前田哲監督)、「そらそい」(09年、石井克人監督)、「8ミリメートル」(10年、岩田ユキ監督)がある。
最新公開作は、映画「指輪をはめたい」(11年11月19日公開予定、岩田ユキ監督、山田孝之主演)。
血液型はO型、身長157cm。特技は3歳半からやっているバイオリン、絵を描くこと、バレエ、ヘアメイク、英会話。趣味は、アニメやマンガを見ること、読書、裁縫、本を書くこと。愛読書は太宰治『人間失格』で、1年に1回は読むという。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階堂ふみ にかいどう-ふみ

1994- 平成時代の女優。
平成6年9月21日生まれ。12歳のときスカウトされる。平成21年役所宏司監督「ガマの油」で映画デビュー。23年「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」が初主演作品(24年高崎映画祭最優秀助演女優賞)。同年園子温監督「ヒミズ」でベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)。26年「地獄でなぜ悪い」「脳男」「四十九日のレシピ」でブルーリボン賞助演女優賞。「受験の神様」「テンペスト」「平清盛」などのテレビドラマにも出演。26年慶大入学。沖縄県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二階堂ふみの関連情報