五つの障り(読み)いつつのさわり

  • いつつ
  • いつつのさわり〔さはり〕
  • の 障(さわ)り
  • 五つ

精選版 日本国語大辞典の解説

(「五障」の訓読み) 女人に備わる五つの障礙(しょうげ)。梵天(ぼんてん)、帝釈(たいしゃく)、魔王、転輪聖王(てんりんじょうおう)、仏身になれないことをいう。五つの罪。
※松井本和泉式部集(11C中)「名にしおはば五のさはりあるものをうらやましくものぼる花かな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android