コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五ヵ国防衛協定 ごかこくぼうえいきょうていFive Power Defense Arrangement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五ヵ国防衛協定
ごかこくぼうえいきょうてい
Five Power Defense Arrangement

1971年 11月1日発効した,イギリス連邦5ヵ国 (イギリス,オーストラリア,ニュージーランド,シンガポールマレーシア) の防衛協定。インドネシアの「対決」政策の余韻,マラヤ共産党の活動,中ソの攻勢に加え,68年1月イギリスの「スエズ以東撤退」声明を受けて締結された。マレーシアまたはシンガポールが外部から軍事的攻撃,脅威を受けた場合,5ヵ国は対応を協議することを定める。本協定に基づき 70年代初頭より共同軍事演習が実施されている。 71年2月成立の統合防空体系 IADSに加え本協定で五ヵ国共同 ANZUK軍が配置されたが,74年以降 ANZUK軍は常時駐留から随時駐留に転換,83年以後は撤収が開始され兵力規模が縮小した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五ヵ国防衛協定の関連キーワード前進防衛政策[オーストラリア]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android