コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五五百年 ゴゴヒャクネン

2件 の用語解説(五五百年の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ごひゃくねん【五五百年】

五五百歳」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごごひゃくねん【五五百年】

〘仏〙 釈迦入滅後の二千五百年を仏法衰退の状態に従って、五百年ずつに五分して考えたもの。最初の五百年を悟りを開く者の多い解脱堅固げだつけんごとし、以下、禅定ぜんじようを保つ者の多い禅定堅固、仏法を熱心に聞く者の多い多聞堅固たもんけんご、寺院を建てる者の多い造寺堅固、自説に固執して論争の激しい闘諍堅固とうじようけんごとする。正法しようぼう・像法ぞうほう・末法まつぽうと組み合わせて、末法思想の教義的根拠の一つとなった。ただし、その組み合わせ方は一定しない。五五百歳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone