コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十五年体制 ゴジュウゴネンタイセイ

2件 の用語解説(五十五年体制の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごじゅうごねん‐たいせい〔ゴジフゴネン‐〕【五十五年体制】

1955年(昭和30)左右両派に分裂していた日本社会党の統一と、自由党民主党保守合同によって成立した2政党による日本の政治体制のこと。のち、多党化の進行により崩壊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごじゅうごねんたいせい【五十五年体制】

自由民主党と日本社会党の二大政党による日本政治の枠組み。1955年(昭和30)に、分裂していた日本社会党の統一と、自由民主党の結成により成立した。長期にわたり自由民主党は政権を維持し、日本社会党は野党第一党にとどまる。93年(平成5)の細川連立政権の誕生によって崩壊した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五十五年体制の関連キーワード第三勢力日本農民組合山花貞夫体細胞分裂両袖核分裂片三里塚・芝山連合空港反対同盟熱田派伊藤好道中村菊男

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五十五年体制の関連情報