コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐文吉 いがらし ぶんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐文吉 いがらし-ぶんきち

1805-1881 幕末の武士。
文化2年2月13日生まれ。土佐高知藩士。武市瑞山(たけち-ずいざん)の尊王運動にくわわる。文久2年藩主山内豊範(とよのり)にしたがって京都に出,他藩との応接役をつとめる。岡田以蔵(いぞう)らと目明かし文吉を暗殺。3年土佐勤王党幹部が投獄されたとき難をのがれ,獄中の瑞山から後事を託され,同志の救援にあたった。明治14年10月8日死去。77歳。名は敬之。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

五十嵐文吉 (いがらしぶんきち)

生年月日:1805年2月13日
江戸時代末期;明治時代の志士
1881年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

五十嵐文吉の関連キーワード明治時代生年月日

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android