コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田以蔵 おかだ いぞう

4件 の用語解説(岡田以蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田以蔵 おかだ-いぞう

1838-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。土佐高知藩の郷士。江戸で桃井春蔵に剣をまなび,のち土佐勤王党にくわわる。京都で薩摩(さつま)の田中新兵衛とともに本間精一郎を殺すなど,おおくの暗殺事件に関係,「人斬(き)り以蔵」とよばれた。藩吏に捕らえられて高知におくられ,慶応元年閏(うるう)5月11日処刑された。28歳。名は宜振(よしふる)。変名は土井鉄三。
【格言など】君がため尽す心は水の泡消にし後は澄み渡る空(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡田以蔵

没年:慶応1.5.11(1865.6.4)
生年:天保9(1838)
幕末の土佐(高知)藩郷士,尊攘の志士。土佐郡江ノ口村(高知市)生まれ。資性強豪,安政3(1856)年江戸の桃井春蔵道場で剣術修行。万延1(1860)年,武市瑞山に従って四国,中国,九州諸藩を剣術修行に回遊。文久1(1861)年,土佐勤王党に参加,翌年同志らと入京,薩藩の田中新兵衛らと天誅行動の急先鋒となり,多くの佐幕派に危害を加えたが,なかには吉田東洋暗殺犯人探索で上京した藩監察の井上佐一郎惨殺もあり,人斬り以蔵の異名を得た。3年5月,姉小路公知暗殺事件で嫌疑を受け,京摂の間に潜伏,同年秋,土佐勤王党の獄が起こるや捕縛され,井上殺害を自白して斬刑に処せられた。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おかだいぞう【岡田以蔵】

1838‐65(天保9‐慶応1)
幕末の暗殺者。土佐国土佐郡江口村居住の郷士の子に生まれた。江戸の桃井春蔵門で剣術を修め,武市瑞山の下にいて剣の使い手として知られた。1861年(文久1)結成の土佐勤王党に従い,上洛後は尊王攘夷の志士として佐幕派に対する天誅をくりひろげ,〈人斬り以蔵〉として恐れられた。勝海舟の護衛の任についたこともあるが,土佐勤王党弾圧のときに捕まり,土佐藩の手で斬罪に処された。【高木 俊輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田以蔵
おかだいぞう
(1838―1865)

幕末土佐藩の剣士、刺客。高知城下に近い土佐郡江ノ口村の郷士の子。城下の武市半平太(たけちはんぺいた)(瑞山(ずいざん))道場、ついで江戸の桃井春蔵(もものいしゅんぞう)道場で剣術を修業し、1860年(万延1)半平太について九州諸藩を歴遊、剣で名声をあげた。土佐勤王党に加盟、62年(文久2)藩主山内豊範(とよのり)に従って上洛(じょうらく)。薩摩(さつま)の田中新兵衛とともに、佐幕派人物に対し次々と斬奸(ざんかん)・天誅(てんちゅう)のテロを加え、「人斬(ひとき)り以蔵」として世人に恐怖され、ついには同志にも警戒された。のち出奔して京摂の間に潜伏したが、64年(元治1)京都で土佐藩吏に捕らわれ、高知へ護送投獄され、翌年閏(うるう)5月11日、無宿者の扱いで斬首晒首(さらしくび)の刑に処せられた。[関田英里]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田以蔵の関連キーワード土方久元尊攘本土佐北添佶磨清岡治之助桑原政伸島村衛吉宮地宜蔵安岡嘉助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡田以蔵の関連情報