先頃(読み)サキゴロ

デジタル大辞泉の解説

さき‐ごろ【先頃】

今日から少し前のころ。このあいだ。せんだって。先日。「先頃発見された化石」

せん‐ころ【先頃】

このあいだ。さきごろ。
「つい―まで机を並べて睦(むつ)み合った松村が」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さきごろ【先頃】

現在からあまり隔たっていない、過去のある時。この間あいだ。 「 -帰朝しました」 「つい-のこと」

せんころ【先頃】

さきごろ。このあいだ。 「 -の縁談を、根にもつてのしかへしごころ/桐一葉 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐つ‐ころ【先頃】

〘名〙 (「さきつころ」の変化した語。「さいつごろ」とも) さきごろ。先日。さいところ。
※蜻蛉(974頃)中「さいつころ、つれづれなるままに、草などつくろはせなどせしに」

さい‐と‐ころ【先頃】

〘名〙 (「さいつころ」の変化した語) さきごろ。せんだって。往日。
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)五「近(サイトコロ)戒日王、迦湿彌羅に仏の牙有りと聞きて」

さき‐ごろ【先頃】

〘名〙 (現在に近い過去の一時期をさす) このあいだ。せんだって。先日。過日。
※浪化宛去来書簡‐元祿七年(1694)五月一三日「されば先頃の評にも、草あたためて何の詮にやと、申上候かと覚申候」

せん‐ころ【先頃】

〘名〙 (「せんごろ」とも) (現在に近い過去の一時期をさして) このあいだ。せんだって。過日。先日。さきごろ。
※洒落本・南閨雑話(1773)鋪の体「せん比いらいで、ござりました」
思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「つい先頃(センコロ)まで机を並べて睦み合った松村が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先頃の関連情報