コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五塔寺 ごとうじ

1件 の用語解説(五塔寺の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ごとうじ【五塔寺】

中国の内モンゴル(蒙古)自治区のフフホト呼和浩特)市にある、ラマ教チベット仏教)寺院の5つの仏塔。この仏塔は、清の雍生(ようぜい)帝の時代(1723~1735年)に建立された、レンガおよび石造の高さ13mの塔で、内部にはダライラマ3世の舎利(遺骨)も安置されている。塔の土台には、金剛五界宝座を代表する5種類の動物の彫刻があり、モンゴル語チベット語サンスクリット語で書かれた金剛経の経文がはめ込まれている。フフホトは1アルタンハーン(モンゴルの部族長)により、1565年に漢人の町としてつくられた中国式の城塞都市で、南モンゴルの古都として知られている。◇この塔以外の寺院の建物は倒壊して現存していないため「五塔寺」と通称されているが、正式には「慈灯寺の金剛座舎利宝塔(ジンガンパオツオゥシェリパオター)」という。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五塔寺の関連キーワード内蒙古自治区帰化城帰綏モンゴル音楽内モンゴル自治区呼和浩特蒙古モンゴリアフフホト綏遠省

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone