コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五大連池 ごだいれんち

2件 の用語解説(五大連池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五大連池
ごだいれんち

「ウーターリエン (五大連) 池」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五大連池
ごだいれんち / ウーターリエンチー

中国、黒竜江(こくりゅうこう/ヘイロンチヤン)省北西部、五大連池市にある堰止湖(せきとめこ)群。小興安嶺(こうあんれい/シャオシンアンリン)西側の火山が1719~21年に爆発して玄武岩が流出、ナモル河支流の白河をせき止めて五つの湖を生じた。五湖の総面積は26.2平方キロメートル。下流から上流へ頭池、二池、三池、四池、五池と数珠(じゅず)状に連なり、周辺には比高100メートル前後の14の火山が北東から南西方向に3列に並び、薬泉、石竜などの温泉がある。玄武岩は石材として利用する。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone