コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島玄雅 ごとう はるまさ

1件 の用語解説(五島玄雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五島玄雅 ごとう-はるまさ

1548-1612 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)17年生まれ。宇久(うく)純定の3男。はじめ大浜を称したが,甥(おい)の五島純玄(すみはる)が朝鮮出兵中病死したため,文禄(ぶんろく)3年肥前福江藩(長崎県)藩主五島家2代となる。兄純尭(すみたか)の洗礼名ルイスをつぎ,キリスト教布教をゆるした。関ケ原の戦いで東軍についてから棄教し,信者を弾圧。慶長17年3月8日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五島玄雅の関連キーワードフランス演劇濃姫閑室元佶サカテカスパシオ勧修寺光豊ルドルフ[2世]岩手の葉タバコ生産溝口秀勝榊原康政

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone