コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇久 うく

2件 の用語解説(宇久の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇久
うく

長崎県北部,佐世保市北西部の旧町域。五島列島の北方に浮かぶ宇久島と寺島からなる。 1955年平町と神浦村が合体して宇久町が発足。 2006年佐世保市に編入。壇ノ浦の合戦で敗れた平家盛が流れ着き島を征服した始まりの地であると伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇久
うく

長崎県西部、北松浦郡にあった旧町名(宇久町(まち))。現在は佐世保(させぼ)市の一地区で、五島列島北方の宇久島と寺(てら)島などからなる。旧宇久町は1955年(昭和30)平(たいら)町と神浦(こうのうら)村が合併して成立。2006年(平成18)佐世保市に編入。佐世保、博多(はかた)などから宇久平港に定期船便がある。『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』では、小値賀(おぢか)島とともに小近(おちか)とよばれた。中心集落は平で、宇久行政センター、高校、缶詰工場がある。五島藩時代はアワビ、サザエ採取の特権を与えられた集落で、現在は一本釣り、延縄(はえなわ)が漁業の主体をなす。南西岸の神浦には製氷工場がある。島の農業はサツマイモ、麦のほか、抑制トマト、タバコ、福原オレンジなどを栽培。飯良(いいら)にはパイナップル苗栽培場がある。牧牛も盛んで、長崎鼻や北岸一帯には放牧場がある。西岸の船隠(ふながくし)は平氏上陸地点と伝えられ、五島氏の先祖宇久氏(平氏の子孫と伝える)発祥の地。寺島には養魚場や観光牧場がある。[石井泰義]
『『宇久島郷土誌』(1967・宇久町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇久の関連キーワード長崎県佐世保市上町長崎県佐世保市小野町長崎県佐世保市熊野町長崎県佐世保市小佐世保町長崎県佐世保市島瀬町長崎県佐世保市早岐長崎県佐世保市平瀬町長崎県佐世保市広田長崎県佐世保市船越町長崎県佐世保市元町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇久の関連情報