コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇久 うく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇久
うく

長崎県北部,佐世保市北西部の旧町域。五島列島の北方に浮かぶ宇久島と寺島からなる。 1955年平町と神浦村が合体して宇久町が発足。 2006年佐世保市に編入。壇ノ浦の合戦で敗れた平家盛が流れ着き島を征服した始まりの地であると伝えられる。また五島文化発祥の地ともいわれる。低平な溶岩台地の島で,畑作が中心。近年は特産の福原オレンジの生産が多い。五島牛の放牧で有名。漁業では一本釣り定置網漁,養殖漁業が行なわれ,歴史的に採取特権が与えられてきた海士 (あま) の集落がある。中心集落の平は佐世保,平戸,福江などの港とフェリー結ばれる宇久島の北岸一帯は西海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇久
うく

長崎県西部、北松浦郡にあった旧町名(宇久町(まち))。現在は佐世保(させぼ)市の一地区で、五島列島北方の宇久島と寺(てら)島などからなる。旧宇久町は1955年(昭和30)平(たいら)町と神浦(こうのうら)村が合併して成立。2006年(平成18)佐世保市に編入。佐世保、博多(はかた)などから宇久平港に定期船便がある。『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』では、小値賀(おぢか)島とともに小近(おちか)とよばれた。中心集落は平で、宇久行政センター、高校、缶詰工場がある。五島藩時代はアワビ、サザエ採取の特権を与えられた集落で、現在は一本釣り、延縄(はえなわ)が漁業の主体をなす。南西岸の神浦には製氷工場がある。島の農業はサツマイモ、麦のほか、抑制トマト、タバコ、福原オレンジなどを栽培。飯良(いいら)にはパイナップル苗栽培場がある。牧牛も盛んで、長崎鼻や北岸一帯には放牧場がある。西岸の船隠(ふながくし)は平氏上陸地点と伝えられ、五島氏の先祖宇久氏(平氏の子孫と伝える)発祥の地。寺島には養魚場や観光牧場がある。[石井泰義]
『『宇久島郷土誌』(1967・宇久町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇久の関連情報