コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木小次郎 ささきこじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木小次郎
ささきこじろう

[生]? 越前,一乗ヶ谷
[没]慶長17(1612).4.13. 長門
安土桃山時代から江戸時代初期にかけての剣術家。富田勢源 (とだせいげん) 門下として剣術を学び,16歳頃一流を立て巌流 (岸流) と称した。諸国を巡歴し「燕返し (つばめがえし) 」の剣法を創案,のち小倉藩主細川忠興に仕えた。慶長 17 (1612) 年船島 (別称,巌流島) における宮本武蔵との試合で敗死

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ささき‐こじろう〔‐こジラウ〕【佐々木小次郎】

佐々木巌流の通称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木小次郎 ささき-こじろう

?-1612 織豊-江戸時代前期の剣術家。
越前(えちぜん)(福井県)の人という。鐘捲(かねまき)自斎に富田流をまなび,武者修行で燕(つばめ)返しの剣法をあみだす。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主細川忠興(ただおき)につかえ,慶長17年4月13日宮本武蔵(むさし)と船島(巌流島)で決闘し,敗れて死んだとつたえられる。出身,経歴には異説がおおい。幼名久三郎。号は巌流,岸柳,岸流。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ささきこじろう【佐々木小次郎】

剣客。生没年不詳。小説や映画で宮本武蔵と決闘することで有名であるが,実像には不明な点が多い。流名が〈巌流(がんりゆう)〉であるところから,小次郎のことを巌流とも呼ぶ。越前国浄教寺(一説に周防(すおう)国岩田)の生れで,中条流の名人富田勢源(とだせいげん)の高弟というのが通説である。中条流は小太刀を使うので,勢源は1尺5寸の小太刀を使ったが,小次郎には3尺余りの大太刀を持たせて訓練した。そのため小次郎は〈物干ざお〉と異名をとる大太刀を使うようになったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ささきこじろう【佐々木小次郎】

?~1612) 江戸初期の剣客。岸柳(巌流)と称した。燕返しの剣法を案出。船島(巌流島)で宮本武蔵と試合し、敗死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木小次郎
ささきこじろう
(?―1612)

近世初期の剣客。その伝は明らかではないが、越前(えちぜん)朝倉氏の本拠一乗谷(いちじょうだに)に近い浄教寺(じょうきょうじ)村の出身と伝え、幼少より剣を好み、中条(ちゅうじょう)流の富田勢源(とだせいげん)、あるいは勢源の弟子鐘捲自斎(かねまきじさい)の門に学んだという。のち諸国を歴遊し、いわゆる燕(つばめ)返しの秘剣を案出して一流をたて、巌流(がんりゅう)を称し、小倉(こくら)藩主細川忠興(ただおき)に仕えた。1612年(慶長17)関門海峡にある船島(俗に巌流島)で、3尺余の太刀(たち)を振るって宮本武蔵(むさし)(29歳)と勝負を争い、敗死したと伝えられている。なおこの一件の背景なども不分明で、疑問の多い人物ではある。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐々木小次郎の関連キーワード広沢 菊春(2代目)中村雀右衛門(4代)宮本武蔵(剣術家)宮本武蔵(小説)彦山権現誓助剣山吹 まゆみ深田 金之助東 千代之介木下 二介バガボンド稲垣 浩木下二介愛川裕子村上弘明大衆文学寺田浩子関門海峡村上元三沢井桂子稲垣浩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木小次郎の関連情報