コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五島盛運 ごとう もりゆき

1件 の用語解説(五島盛運の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五島盛運 ごとう-もりゆき

1753-1809 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦3年10月23日生まれ。五島盛道の5男。長兄は病弱で他の兄たちも早世したため,明和6年(1769)肥前福江藩(長崎県)藩主五島家9代となる。肥前大村領(長崎県)からの農民の移住を奨励し,開墾にあたらせた。文化6年5月9日死去。57歳。通称は孫次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の五島盛運の言及

【福江藩】より

…肥前国(長崎県)南松浦郡福江に藩庁を置いた外様小藩。藩主は五島氏。1万2530石。五島藩ともいう。松浦党(まつらとう)の成員であった五島列島北端の宇久氏は,南端の福江島進出を契機として海上貿易権を掌中に収め,有力な在地領主を同族化することによって五島列島の統一に成功し,1587年(天正15)豊臣秀吉の九州征伐後,本領を安堵されて近世大名となった。石高は1万5530石。1655年(明暦1)5代藩主盛勝のとき,叔父盛清に3000石(富江領)を分知してから1万2530石となる。…

※「五島盛運」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五島盛運の関連キーワード羅城石塚宗通(初代)川上宗什是一(3代)三鍼島富重樗雲特山妙船尼脇田赤峰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone