五月信子(読み)さつき のぶこ

美術人名辞典の解説

五月信子

映画女優。本名前川しのぶ。松竹蒲田撮影所に入り、帝国キネマに転ずる。のち高橋義信と共に近代座を組織して舞台に立ち、映画にも出演した。作品の主なるものに「嬰児殺し」「鴎5熱の恋」「ラシャメンの父」などがある。明治31年(1898)生。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五月信子 さつき-のぶこ

1894-1959 大正-昭和時代の女優。
明治27年2月13日生まれ。大正10年松竹蒲田撮影所から「愛の骸(むくろ)」で映画デビュー。「高橋お伝」「毒華」などに毒婦役で出演し,人気をえる。14年以降近代座,五月信子一座で舞台をつとめた。昭和34年7月21日死去。65歳。埼玉県出身。浦和高女卒。本名は前川しのぶ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の五月信子の言及

【スター】より

… 日本映画のスター・システムは初期の松竹蒲田映画とともに始まる。日本映画のスター第1号として知られる女優・栗島すみ子は,第1回主演作《虞美人草》(1921)以来すばらしい人気で,川田芳子,五月信子とともに初期蒲田の三大女優時代をつくった。この三大女優を一堂に集めた《母》(1924)が1924年大阪道頓堀に新築された当時東洋一の映画劇場〈松竹座〉で公開されたときに主演者たちが出席することになったが,そのとき,大阪駅に出迎えた人波は空前のことだといわれ,〈日本におけるスター・システム勃興期の記念すべき出来事〉になった(筈見恒夫《映画百年史》)。…

【日本映画】より

…あと二つは,〈蒲田調〉と呼ばれる作風の松竹映画と,これに対して〈日活調〉と呼ぶことのできる日活映画であり,ともに現代劇が中心になっている。 松竹の蒲田撮影所からは,《虞美人草》(1921)で人気スターになった栗島すみ子につづいて,川田芳子,五月信子らの人気女優が続出し,日本映画における〈スター・システム〉誕生の転機となったことで知られる栗島・川田・五月共演の《母》(1923。野村芳亭監督)を一つの頂点とするメロドラマが多くつくられた。…

※「五月信子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android