コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五月信子 さつき のぶこ

2件 の用語解説(五月信子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

五月信子

映画女優。本名前川しのぶ松竹蒲田撮影所に入り、帝国キネマに転ずる。のち高橋義信と共に近代座を組織して舞台に立ち、映画にも出演した。作品の主なるものに「嬰児殺し」「鴎5熱の恋」「ラシャメンの父」などがある。明治31年(1898)生。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五月信子 さつき-のぶこ

1894-1959 大正-昭和時代の女優。
明治27年2月13日生まれ。大正10年松竹蒲田撮影所から「愛の骸(むくろ)」で映画デビュー。「高橋お伝」「毒華」などに毒婦役で出演し,人気をえる。14年以降近代座,五月信子一座で舞台をつとめた。昭和34年7月21日死去。65歳。埼玉県出身。浦和高女卒。本名は前川しのぶ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の五月信子の言及

【スター】より

… 日本映画のスター・システムは初期の松竹蒲田映画とともに始まる。日本映画のスター第1号として知られる女優・栗島すみ子は,第1回主演作《虞美人草》(1921)以来すばらしい人気で,川田芳子,五月信子とともに初期蒲田の三大女優時代をつくった。この三大女優を一堂に集めた《母》(1924)が1924年大阪道頓堀に新築された当時東洋一の映画劇場〈松竹座〉で公開されたときに主演者たちが出席することになったが,そのとき,大阪駅に出迎えた人波は空前のことだといわれ,〈日本におけるスター・システム勃興期の記念すべき出来事〉になった(筈見恒夫《映画百年史》)。…

【日本映画】より

…あと二つは,〈蒲田調〉と呼ばれる作風の松竹映画と,これに対して〈日活調〉と呼ぶことのできる日活映画であり,ともに現代劇が中心になっている。 松竹の蒲田撮影所からは,《虞美人草》(1921)で人気スターになった栗島すみ子につづいて,川田芳子,五月信子らの人気女優が続出し,日本映画における〈スター・システム〉誕生の転機となったことで知られる栗島・川田・五月共演の《母》(1923。野村芳亭監督)を一つの頂点とするメロドラマが多くつくられた。…

※「五月信子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五月信子の関連キーワード加藤信義川田芳子城ノブ鈴木澄子常盤操子花柳はるみ伏見直江二葉かほる三浦アンナ三好栄子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone