コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五柳亭徳升 ごりゅうてい とくしょう

1件 の用語解説(五柳亭徳升の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五柳亭徳升 ごりゅうてい-とくしょう

1793-1853 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政5年生まれ。江戸で紙商,のち貸本屋をいとなむ。文政5年講釈師の初代錦城斎典山に入門。一時「三国白狐伝」など,市川三升(7代団十郎)の合巻を代作し,のち自分の名で「四天王其源(そのみなかみ)」「口上茶番早合点」など合巻や滑稽(こっけい)本を刊行した。嘉永(かえい)6年7月25日死去。61歳。姓は関根。通称は豊島屋甚蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五柳亭徳升の関連キーワード徳川家慶上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱重吉徳川家慶徳川家慶徳川家慶中山文七徳川家慶

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone