コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五柳亭徳升 ごりゅうてい とくしょう

1件 の用語解説(五柳亭徳升の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五柳亭徳升 ごりゅうてい-とくしょう

1793-1853 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政5年生まれ。江戸で紙商,のち貸本屋をいとなむ。文政5年講釈師の初代錦城斎典山に入門。一時「三国白狐伝」など,市川三升(7代団十郎)の合巻を代作し,のち自分の名で「四天王其源(そのみなかみ)」「口上茶番早合点」など合巻や滑稽(こっけい)本を刊行した。嘉永(かえい)6年7月25日死去。61歳。姓は関根。通称は豊島屋甚蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

五柳亭徳升の関連キーワード式亭小三馬戯作者赤城山人華街桜山人鶴鳴堂主人紀尾佐丸昇亭岐山立川銀馬瓢亭百成三熊野文丸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone