五柳帰荘(読み)ごりゅうきそう

精選版 日本国語大辞典「五柳帰荘」の解説

ごりゅう‐きそう ゴリウキサウ【五柳帰荘】

〘名〙 画題の一つ。門前に五本のを植え五柳先生と号した陶淵明陶潜)が彭沢(ほうたく)県の県令に任じられ、八十余日で辞し、「帰去来辞」を作って故居に帰った故事を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android