県令(読み)けんれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

県令
けんれい

中国の春秋戦国期以降の郡県制のもとにおける県の長官。郡の長官である大守に対するもの。宋代以後は京官による県の長官は知県といわれ,選人によるものが県令といわれた。

県令
けんれい

明治4 (1871) ~1886年の間太政官制のもとでおかれた県の長官をいう。明治4年7月,従来の地方制であった府藩県制を府県制に統一し,同年 11月県治条例職制によって,府知事はそのまま知事,県知事は県令または権令と改称された。 86年7月,地方官制によって県令は廃止され知事がおかれた。また,旧地方官制のもとで,県知事の職権または特別委任によって発令された命令をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐れい【県令】

昔の中国で、県の長官。
明治4年(1871)廃藩置県によって県に置かれた長官の呼び名。明治19年(1886)に知事と改称。
旧制で、県知事の発した命令。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんれい【県令】

1871年(明治4)から86年にいたる間の県の長官。廃藩置県直後302を数えた県は,1871年11月一挙に3府72県に統合され,政府任命の地方長官が赴任した。同月公布の県治条例で,県の長官は令(かみ)または権令(ごんのかみ)と称されたが,その後78年の府県官職制で府県長官の称は府知事,県令と統一された。県令は身分的に奏任四等(開港場のある県は勅任三等)に位置づけられ,任免権は太政官が握った。任用にあたっては能力重視がかかげられたものの,実際には西南雄藩の志士層が多く登用された。

けんれい【県令 xiàn lìng】

中国,地方行政区画県の最高長官。春秋戦国時代から出現する県の長官は,はじめは宰,公,正など一定しなかったが,秦代郡県制の確立とともに万戸以上は県令,以下を県長とするようになった。漢の半ば以後,唐までは県令に統一され,隋・唐時代,県が7等級に分けられると,その位階にも差等が生じた。宋以後君主独裁制の発達とともに,〈天子に代わって県を知(しろしめ)す(権知県事)〉を略した知県の名が成立。武官など特殊な場合に県令が使われることになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんれい【県令】

旧制で、県知事が出した指令。
1871年(明治4)廃藩置県に伴い、県に置かれた長官。86年知事と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県令
けんれい

1871年(明治4)から86年までの県の長官。71年4月の廃藩置県後302を数えた県は同年11月一挙に72県に統合され、同月公布の県治条例で令(かみ)または権令(ごんのかみ)と称される地方長官が任命された。その後77年の府県官職制で、府県長官の称は府知事、県令と統一された。県令は身分的に奏任官または勅任官とされ、任免権は太政官(だじょうかん)が握った。県令の多くは薩長(さっちょう)を中心とする雄藩の志士出身者で、新政府の官僚として人民に君臨し、封建体制から近代国家への脱皮を図る政策を強引に遂行した。最高責任者として県内の行政事務全般を掌握したが、重要行政はすべて中央各省の許可を必要とし、専任処置を許された事項も報告の義務を課せられた。しかし、法体系の未整備、通信交通網の不全、地域差の残存という状況下で県令の自由裁量の働く余地は後世に比べて強かった。86年の地方官官制により県令は県知事となった。[大島美津子]
『大島美津子著「地方政治」(福島正夫編『日本近代法体制の形成 上巻』所収・1981・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐れい【県令】

〘名〙
① 明治四年(一八七一)から一九年までの県の長官の呼び名。同一九年の地方官制公布により知事と改称される。
※郵便報知新聞‐明治九年(1876)七月一三日「岩手県庁へ臨幸各課御通覧の後ち仮玉座へ着御、此時県令より事務条例を捧げ奉り」
② 旧制で、県知事が部内の行政事務について、その職権または特別の委任により、管内一般またはその一部に発した行政命令。この制度は地方官官制に基づくもので、昭和二二年(一九四七)に廃止された。
※風俗画報‐二三三号(1901)人事門「県令を以て、明年度より断然石灰の使用を禁止すと」
③ 郡司(ぐんじ)の唐名。
※菅家文草(900頃)四「寄雨多県令江維緒一絶」
④ 中国で県の長官の古称。〔後漢書‐和帝紀注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の県令の言及

【地方官】より

…版籍奉還後は藩主をそのまま地方官とし知藩事と称した。71年の廃藩置県によって藩が廃止され全国が府県に編成されて以後,府の長官は府知事,県の長官は県令と称され,その任免権は太政官がにぎった。このころの地方官には西南雄藩出身者が多く,政府の監督下に中央集権政策を強力に遂行した。…

【知事】より

…五代の府州の長官は節度使,防禦使,団練使,刺史のいずれかで,すべて武臣で占められていた。県令は文官であったが,県内に多くの鎮が置かれ,武人の鎮将が鎮内の徴税,軍事警察,獄訟等の実権を握って府州に直属し,県令はまったく無力であった。そこで宋朝は武人の政治組織を打破すべく,文官の県尉に捕盗警察の権をゆだね,鎮将を廃止し,中央政府の官職の肩書を持つ官僚(京朝官,高等官をいう)を派遣して知県事に任じ,県政の振興をはかり,またしだいに節度使以下の武人に替えて京朝官を遣わし,知州事,知府事に任じ,武人の州長は辺境の要地に残されるだけとなった。…

※「県令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

県令の関連情報