五行易(読み)ごぎょうえき

占い用語集「五行易」の解説

五行易

断易」の別名で、「納甲易」「鬼谷易」「漢易」「三文易」などとも言われる。易卦を構成する六つの十二支を割り振り、十二支の陰陽五行による生剋関係などによって判断していく。そのため、『易の形を借りた干支術』とも呼ばれる。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「五行易」の解説

ごぎょう‐えき ゴギャウ‥【五行易】

〘名〙 易占の一種。易の八封(け)六十四卦に五行説を結びつ吉凶を占うもの。の焦贛(しょうこう)、京房らによって提唱され、大いに流行した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五行易」の解説

ごぎょう‐えき〔ゴギヤウ‐〕【五行易】

易占の一。代の京房けいぼうらが案出したもので、易の六十四の各こう五行説を配して吉凶を占った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android