コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウ

デジタル大辞泉の解説

こう〔カウ〕【×爻】

卦(け)を組み立てる横のを陽、とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こう【爻 yáo】

の卦(か)の基本になっているの棒のこと。易を構成するもっとも基本的な単位で,卦はこれを6本積み重ねたものである。とはそれぞれ積極的なものと消極的なもの,男性的なものと女性的なものといった事物の対立する二面を象徴し,易では剛と柔の名で呼ばれるが,易伝(十翼)に至ってと陰とされた。卦中における爻の位置に関して〈位〉〈中〉〈正〉〈応〉〈比〉〈承〉〈乗〉といった,易学特有のタームが使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こう【爻】

えきの卦を組み立てる横画。「〓」を陽、「〓」を陰とする。 → 八卦はつけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【易】より

…残りが1本なら☰乾(けん)(天),2本なら☱兌(だ)(沢),3本なら☲離(火),4本なら☳震(雷),5本なら☴巽(そん)(風),6本なら☵坎(かん)(水),7本なら☶艮(ごん)(山),8本なら☷坤(こん)(地)。これで内卦(六爻(こう)の下半分)が得られた。次に同じ操作をして外卦(上半分)を求める。…

【易経】より

…《易経》はこの経と伝との総称である。卦とは,(陰の象徴)と(陽の象徴)の棒(爻(こう))をまず3本組み合わせて8種類のパターン(八卦(はつか))を作り,次にそれらを互いに重ねて64種類にしたものである。占断の辞は64卦だけではなく,各卦の各爻ごとに付されているから(前者を卦辞,後者を爻辞という),64×6の合計384種類のシチュエーションが備わっていることになる。…

※「爻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

爻の関連キーワード八卦(はっか)算木(ト占)叶世雪之靜前川泰之五行易繋辞伝鬼谷易文王爻辞内卦断易外卦横画算木象数卦辞とと易経