五陰(読み)ごおん

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐いん【五陰】

ご‐おん【五陰】

〘名〙 (skandha の旧訳。「おん」は「陰」の呉音) =ごうん(五蘊)
※三教指帰(797頃)下「築幻城於五陰之空国、興泡軍於四蛇之仮郷
※良寛歌(1835頃)「五陰皆空と照見して、一切の苦厄を度(わた)すいふことをよめる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android