五陰(読み)ごおん

精選版 日本国語大辞典「五陰」の解説

ご‐おん【五陰】

〘名〙 (skandha の旧訳。「おん」は「陰」の呉音) =ごうん(五蘊)
※三教指帰(797頃)下「築幻城於五陰之空国、興泡軍於四蛇之仮郷
※良寛歌(1835頃)「五陰皆空と照見して、一切の苦厄を度(わた)すいふことをよめる」

ご‐いん【五陰】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android