旧訳(読み)くやく

大辞林 第三版の解説

きゅうやく【旧訳】

以前の翻訳。 ⇔ 新訳

くやく【旧訳】

〔「く」は呉音〕
〘仏〙 仏典の漢訳のうち、唐の玄奘げんじよう以前の手になるもの。鳩摩羅什くまらじゆう・真諦しんだいのものなど。 ⇔ 新訳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐やく キウ‥【旧訳】

〘名〙
① 昔の翻訳。以前の翻訳。⇔新訳
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉「哲学上の語の如きは、旧訳の人意に満たざるもの極めて多し」
玄奘(げんじょう)三蔵以前の仏典の漢訳。仏教では、ふつう「くやく」という。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「天台妙文句に、鞞羅(へいら)といふ、蓋(けだし)旧訳(キウヤク)の畧ならん」

く‐やく【旧訳】

〘名〙 (「く」は「旧」の呉音) 仏語。一般には、中国唐初の僧玄奘(げんじょう)以前に漢訳された仏典をいう。ただし、古くは西晉以前を旧経、後秦の羅什以後を新経といった。⇔新訳
※今昔(1120頃か)七「新訳の経は猶、文詞甚だ美也と云へども、義理淡く薄し。然れば汝猶旧訳(くやく)の経を可持し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧訳の関連情報