五音連声(読み)ゴインレンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ごいん‐れんじょう〔‐レンジヤウ〕【五音連声】

和歌・連歌などで、五・七・五の各句の移り目に同母音を継いで音調を整える技法。「空になき日影の山や雨のうち」の「き・ひ」「や・あ」などの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ごいん‐れんじょう ‥レンジャウ【五音連声】

〘名〙 和歌、連歌、俳諧の用語の一つ。和歌の五七五七七や連歌や俳諧の五七五など、一首または一句の中での各句の連接が同母音でなめらかにつながっていくのをよしとして説いたもの。たとえば「空になき日影の山や雨のうち」の五七五の連接は、上五文字の末尾の「き」と中七文字のはじめの「日」が同じiの母音であり、中七文字の末尾の「や」と下五文字のはじめの雨の「あ」が同じaの母音で続いている。能楽などでもいう場合がある。〔竹園抄(13C後)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android