音調(読み)おんちょう

精選版 日本国語大辞典「音調」の解説

おん‐ちょう ‥テウ【音調】

〘名〙
① 音の高。発音体の振動数の多少によって生ずるもの。
※新聞雑誌‐四六号・明治五年(1872)五月「余不幸にして少き時よりとなり、剰(あまつさ)へ弟妹共に音調を弁ずる能はざるの疾に罹(かか)れり」
アクセントイントネーションなど、言語における高低の調子
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一「各人音調(オンテウ)を異にし、其差の判然たること人面の如し」
③ 詩文のもつ語呂の調子。
※新体詩抄(1882)序〈外山正一〉「抑も詩と云ふものは〈略〉其音調の良否も又甚だ大切なり」 〔世説新語‐容止〕
④ 音楽の曲節。
※歌儛品目(1818‐22頃)二「しらむ 音調の諧和せざるの謂なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「音調」の解説

おん‐ちょう〔‐テウ〕【音調】

音の高低。
話し言葉における音の高低や調子。アクセントやイントネーションなど。
詩文における韻律
音楽の曲節。
[類語]節回し旋律メロディー調子音律調性音階音程・音高・トーン拍子はく律動乗りリズムテンポ調べ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android