井上 雪(読み)イノウエ ユキ

20世紀日本人名事典「井上 雪」の解説

井上 雪
イノウエ ユキ

昭和・平成期の作家,俳人 光徳寺(浄土真宗東本願寺派)坊守。



生年
昭和6(1931)年2月9日

没年
平成11(1999)年4月2日

出生地
石川県金沢市

本名
井上 幸子(イノウエ ユキコ)

旧姓(旧名)
長井

学歴〔年〕
金沢女専文科卒

主な受賞名〔年〕
大宅壮一ノンフィクション賞(佳作)〔昭和56年〕「おんな」,泉鏡花記念金沢市民文学賞〔平成3年〕「紙の真鯉

経歴
昭和22年「風」に入会。47年「雪垣」創刊に参加し、編集長をつとめる。ねばり強い取材でノンフィクションを書き、56年「廓のおんな」が大宅壮一ノンフィクション賞佳作となる。57年京都本願寺で得度し、光徳寺坊守。平成元年小説同人誌「雪嶺文学」発刊、編集長。他の著書に「おととの海」「加賀の田舎料理」「北陸に生きる」、句集に「素顔」「白絣」「自註・井上雪集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「井上 雪」の解説

井上 雪 (いのうえ ゆき)

生年月日:1931年2月9日
昭和時代;平成時代の作家;俳人
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android