コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上俊夫 いのうえ としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上俊夫 いのうえ-としお

1922-2008 昭和後期-平成時代の詩人,小説家。
大正11年5月11日生まれ。農業に従事しながら,昭和20年代後半から詩作をはじめる。野間宏,小野十三郎らに師事。32年詩集「野にかかる虹」がユニークな社会性,批評性で注目され,H氏賞をうけた。平成20年10月16日日死去。86歳。大阪出身。本名は中村俊夫。詩集に「井上俊夫詩集」,著作に地誌「淀川」,小説「ベッド・タウン」,評論「農民文学論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上俊夫の関連キーワード島津保次郎日本電信電話(株)採石業登録記念物アレクサンドル オベチキンパヴェル ダツック[各個指定]工芸技術部門雇用三星グループグーグル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android